So-net無料ブログ作成

シチロウの熟成肉を食す会 Part2 [食]

さて、いよいよ7時から開宴、先ずは 南山楠本社長の挨拶と会の趣旨の説明
P4250029.JPG
続いてこのイベントの仕掛け人 近江牛のサカエヤ 新保社長による肉の解説
P4250030.JPG
さらに 鋳鉄のフライパン「スキレット」で肉を焼いてくれるクック・アンド・ダィン山口社長
P4250031.JPG
さらにさらに、エーテルヴァインの江上社長がワインについて説明をしいただき
P4250035.JPG
乾杯の音頭は堀田君
P4250037.JPG
前菜はシチロウのローストビーフとカレー、短角の生ハムとベーコン
P4250032.JPG
野菜サラダ 田野畑牛乳の牛乳豆腐添え
NEC_0133.JPG
と、この辺からステーキの焼きに入る、手前がシチロウのリブロース
奥がいわて短角和牛 ランプ
P4250039.JPG
シキレットを使ってかなり厚めのステーキを焼いていく
P4250041.JPG
ステーキが焼ける前にシチロウの熟成リブローストヒレ いわて短角 赤身カルビ、
近江牛クラシタロース、京たんくろ ブリスケ4種の食べ比べ
P4250045.JPG
P4250044.JPG
そしてメーンのシチロウ熟成リブロース、短角ランプ
P4250049.JPG
これらの肉を食べて感じたことは、玉付きのオス牛の肉だって、別に臭いがあるわけでも
無いし、ちょっと堅めではあったが不味いとは思わなかった。ただ、カレーや煮込みに
向いているようだ。短角は噛みしめると味が深い、近江牛はサシがあるだけに甘味と
口溶けも良く、脂の旨味がある。 このように様々な肉を食べ比べてみると、それぞれの
特徴をより強く感じる。
そして出てきました、お口試しの一品 Kん玉のポン酢あえ
P4250050.JPG
股のあたりがこそばゆくなるような微妙な味 でした。
シチロウのテールとすじ肉のリゾット
P4250051.JPG
デザートは写真を撮り損ねてしまった、会の終わりに関西焼肉の女王 いかりん こと
碇 和江さんがコメントを述べて
P4250052.JPG
その後に私にまでマイクを向けられあせった、何をしゃべったかよく覚えていない。
とにかく、めったに食卓に乗る事のない肉やチン味を食べることができ興味深い会でした。

翌日26日は木下牧場を訪問する予定だったが名神高速が事故渋滞で車が進めず
Uターン。大阪に戻り 昼食はお好み焼を食べ、ゆっくりお土産を買って帰途に就いた。
NEC_0142.JPG

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

片野真佐子

何といっても、貞愛さんの張り切りように圧倒されて、あっという間の時間でした。カレーもおいしかった。私は大食いなので、もっとたくさん食べたかったけれど、腹八分目がちょうとよかったのでしょう。ついワインを飲みすぎてしまいましたが、それでもちょうどいい腹具合でした。
食をめぐって、初めてお会いした方々とのお話も楽しかったです。
by 片野真佐子 (2013-05-01 11:38) 

どじ烏

片野さん、初めまして このところフェースブックの方ばかり見ていて
コメントに気が付きませんでした。失礼いたしました。
私は南山さんには三年前お邪魔しておりましたが、離れ での
イベントには初めて参加しました。興味深く、本当に楽しい食事会でした。私は牛飼い同士の情報交換もですが、一生産者として農業、農家の実情を知って頂きたいということもあってブログをやっています。今後とも宜しくお付き合い下さい。
by どじ烏 (2013-05-04 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。