So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年後半 8月 [牛]

昨年8月には繁殖素牛導入に鹿児島県薩摩市場に行ってきました。8月4日は移動日で
私は宿に入る前に色々お世話になっている熊本県錦町 有田牧場さんを訪問。
デントコーンの2度目の種まきなどでお忙しいところを対応して頂いた。
NEC_0056.JPG
翌5日から薩摩子牛市場に入った。NEC_0058.JPG
私も1頭は買う予定だったが、購買ボタンから手が離れず2頭も買うことになってしまった。
最初に買った百合茂ー安糸福ー平茂勝 NEC_0066.JPG
もう一頭は勝忠平ー安福久ー平茂勝、勝忠にしては少し小さいとは思ったが52万なら
と妥協、NEC_0064.JPG
競り市終了後 平茂勝の銅像の前で購買担当職員と記念撮影
NEC_0068.JPG
その後私は萩原人工授精所さんを訪問、最近良好な枝肉データが出始めた 花美千NEC_0071.JPG
と、これから期待できそうな宮崎の勝平正 産子 「清勝正」が印象に残った。NEC_0075.JPG
夜は購買者懇談会、今回は青森の方々と席が近く、色々話ができた。NEC_0077.JPG
青森全体なのか十和田だけなのか聞き洩らしたが、公的支援額が大きく
私達が競り負けるのも無理はない、という感じ・・

あとの2頭 [牛]

先週13日 7月上場する4頭の削蹄をしてもらった。百合茂産子2頭はすでに写真
載せたので、あとの2頭、勝忠平の双子。
9月13日生れ、去勢はまあまあ 300KG弱  勝忠平ー安平ー福昌
P6130003.JPG
メスが問題、推定尺で230Kg位と出た。
P6130002.JPG
牛のほかに牧草地の草刈りをしたが早くロータリーをかけないとまた伸びてしまう。
P6130001.JPG

6月上場牛の削蹄 [牛]

田植えも終わったことだし、日帰りでもいいから温泉にでも行きたい気分だったが、
あまりにもいい天気で、やらなければならない仕事が目につく。午前中に代掻きに
使ったドライブハローを洗い格納。午後来月上場する子牛の削蹄をしてもらった。
6月は勝忠平、百合茂、忠富士の去勢が3頭と、安福久のメスを1頭
P5230004.JPG
このメスはH24年8月20生れ、安福久ー百合茂ー福昌、できればウチに置きたかったが
先日も久のメスが生まれているので、いくら久のメスと言えども全部残すわけにもいかない。

朝と晩 お産2件 [牛]

今朝牛舎に行くと、今日が予定日だった みつふくかつ(美津福ー平茂勝ー安糸晴)が
お産するところだった。出かける用事があったので仕事を進めながら様子を見ていた。
子牛が肩の辺りまで出たが止まっているので、助産に行った。羊膜が破れておらず
頭が羊水に浸かっていたので急いで破って呼吸を確保、危ないところだった。
引っ張ると簡単に出て 後は親に任せた。ちょっと小柄な隆之国のオスだった。
P5130035.JPG
1時間後には立ってオッパイを飲んでいたからまあ順調。
夜、牛舎の仕事を終わって一通り見回ると、きたふじ3(忠富士ー北国7-8-紋次郎)が
尻尾を上げてお産しそうな様子。こりゃ夜中かな、と思いワラだけは補充して夕飯。
9時ころ様子を見に行くともう生れていた。親は大きいが子は小さ目の安福久メスで
簡単に生まれたみたい。P5130040.JPG
この牛は昨年6月にも安福久のメスを生み、いい娘に育っている。今度のメスは
どうしたらいいか悩むな~。

期待に応えてくれかたな [牛]

4月24日に採卵した かつただひら(勝忠平ー安平ー糸弘2)が2週間経過しても
発情が見えない。もしかすると上手く残っているかも・・・    いつも採卵する時
獣医さんに1個残すようにとお願いしている。随分前には4個残ったらしく4つ児が
生れたことがあったが、今回はどうだろう。  もう1か月もしないと確定的なことは
解らないが、この陰部なら期待できそう。
P5100001.JPG
今日は3頭の妊鑑もしてもらった。勝忠平と安平幸の母体に美津照重が受胎
百合の育成牛に久が留った。此のところ繁殖はまあ順調

今日の結果 [牛]

今日の県南市場二日目も素牛不足ということのようで高値傾向、去勢のいい物は
50万をすんなり超える、ウチのはメスなので40万になればと思って上場。
雪乃花産子は283日齢、264Kgで421千円、母が安福久だったのが良かったみたい
P5090001.JPG
百合茂♀の方は272日齢で271Kg407千円。どちらも目標をクリアしたのでよかった。
P5090002.JPG
例年5月は田植えシーズンとあって購買者が少なくなり価格も下がるのだが
購買者の皆様、最後まで競って頂き有難うございました。

帰宅してから空いた牛舎に来月上場する牛を連れてきた。
P5090015.JPG
左が9月20日生まれ忠富士ー北国ー紋次郎、右、百合茂ー花国ー安福165-99月17日
生まれ。もう一頭は勝忠平ー美津福ー花国9月19日生まれ、いずれも去勢
P5090009.JPG
3頭とも順調に育っていると思う、現在どれも270Kg位有りそうだ。

明日の上場牛 [牛]

5月子牛市場が迫り上場する子牛の手入れが気になっていた。削蹄は先月半ばに
済ませていたが、ここ10日ばかり寒かったり雨が降ったりで中々牛洗いするような
日を見出せなかったが、やっと今日いくらか暖かくなり午後牛を洗った。洗うと言っても
春の毛替わりで汚れもほとんど落ちていたので埃を洗い流す程度。
今回はメス2頭。雪乃花ー安福久ー平茂勝283日齢 270Kg位
P5080005.JPG
もう1頭は百合茂ー菊安舞鶴ー第1花国272日齢 280Kg位
P5080006.JPG
自分の家で見る時はまあまあかなと思うのだが市場で並べてみると他の牛と比べて
見劣りしたりで、あれ~こんなはずではなかったのに~ということがままある。
今回はどうだろう、 後ろから 左 百合茂♀ 右 雪乃花 ♀
P5080011.JPG

やっぱり安福久 [牛]

我が家で最も体格得点の高い かつただひら(勝忠平ー安平ー糸弘2)オヤジの名を
そのままひらがなにして命名したメス牛、  2月にお産したのだが死産だった。
まだ能力も判らないがウチには数少ない十分な体高があり、3代祖の安平♀が
まあまあのデータを残しているし、勝忠平の仔なので採卵することにした。
P4150001.JPG
ホルモン処理はしたのだが発情兆候が見えない。でも今日がAIの日なので授精して
もらった。左の卵巣がまあまあ反応している とか。 種を何にするか迷った。
最近 花之国が良い結果を出しているということだが、先日安平ドナーから採ってあり
2頭受胎している。F之国 H菊安なども考えたが、ここの市場での知名度や市場性
などを考えると無難なところは、やっぱり安福久となった。
さて、24日は何個採れるか。以前のように受精卵を買いたいという人も少ないので
自分が使う分5~6個もあればいいのだが・・・

生れてました [牛]

いつもだと家に入る前に一通り牛の様子を見て、発情の発見やお産しそうな牛を
チェックしてから夕飯となるのだが、昨夜は自治会の役員会、監査会があり、
ミルカーの洗浄など、後始末をカミさんに頼んで、早く牛舎を切り上げ外出。
夜の見回りをしないでしまった。そんな時に限って朝牛舎に行くと子牛が生まれていた。
P4140002.JPG
隆之国のメス、母 はるみ はH16年、鹿児島からの導入牛、安糸福ー平茂勝ー神高福
推定育種価は皮下脂肪と歩留り以外は県の平均値を上回っている。隆之国も
現在鹿児島で優秀な枝肉成績を上げているので、このメスも保留したらいいか・・

ただ、昨年8月、隆之国ー165-9-平茂勝という♀も残しているし、悩むところだ
他に昨年8月から1月までに安福久のメスが4頭生まれている
この3頭のほかに花国から生れた久♀とそろそろ種付けする忠富士から生れた久♀と・・
P4140011.JPG
この1年で♀が22頭オスが10頭(ETと雄雌双子は除く)とめすが多く生まれ
これも残したい、売るのは惜しい、となってこまったもんだ。

今日の競り市 [牛]

今日の子牛市場は出だしは高めで牛がいいと去勢は50万を超える展開、ところが
私たちの地区が上場する後半は尻すぼみというか、購買者も減ってしまい
盛り下がってしまった。他の牛は300Kgを越えるのに、ウチの牛は大して目立つような
ものでも無いし、
P4110003.JPG
右の85-3は290Kg位あるかと思ったが、測ったら274Kで 「アラッ」という感じ。
平茂晴(去)は240日ながら297Kg、税込で何とか45万を超えた。
P4110005.JPG
健闘したのが舞鶴 ♀297日齢で266Kg税込42万を超えほぼ平均価格
P4110006.JPG
まっ こんなもんだろうと帰ってきてから、牛の移動。来月上場する 
雪之花♀ー安福久ー平茂勝 H24年7月30日生まれ
P4110009.JPG
もう1頭は8月10日生まれ百合茂♀ー菊安舞鶴ー花国
P4110008.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。